アフィリエイトサイトの作り方を分かりやすく紹介!
HOMESTEP3>各ページの作成(1)
 

各ページの作成(1)








1、デザインの統一

 
 
トップページが出来上がれば、次は各ページを作成していくことになりますが、各ページのデザインはできるだけ統一するようにします。
 
なぜなら、そのほうが見た目としてもきれいに仕上がり、作成する上でも大変楽になるからです。
 
このサイトも基本的に、このページと同じデザインに統一しているので、ページを増やす際には内容のみを作成すればOKということで時間コストの削減につながっています。
 
また、全体のデザインが統一されたサイトのほうが、読み手の側としても読みやすいです。したがって、ページのデザインは、できるだけ統一して作成するようにしましょう。
 
 

 

2、内容によっていくつかのページに分ける

 
 
内容によってページを分けるとは、例えば、日本酒とワインに関するページを作る場合、同じ一つのページに日本酒とワインを載せるのではなく、日本酒のページとワインのページに分けて作成するようにします。
 
そうすることで、訪問者に対してもわかりやすく情報を提供することができます。一つのページに長々と情報を載せたのでは、やはり見づらいページになってしまいます。
 
そこで、1ページがあまり長くならないように内容によって分けると、訪問者にとってやさしいページになります。
 
また、このことは検索エンジン対策としても効果的です。
なぜなら、検索エンジンは一つのページ内に繰り返し出てくる言葉を重視するという傾向があります。
 
しかも、検索エンジンは単にその出てきたキーワードの回数だけでなく、その密度も考慮しています。
 
例えば、一つのページに日本酒というキーワードを10回使ってそのページの単語数が全部で1000のものと、10回使っても単語数が2000のものであれば前者の方が重要視してもらえることになります。
 
「日本酒」使用回数
使用回数 総単語数
10回 1000 ←こちらのほうがよい
10回 2000
 
 
1ページ内のキーワードの密度を高めるためには、ページを分けておくほうが好ましいことになります。日本酒とワインを同じページに載せてしまうと、それだけ全体の単語数が増えてしまうので、密度が小さくなってしまい、キーワードが重要視してもらえなくなります。
 
 
したがって、ページはできるだけ内容によって分けて書き、一ページに原則として一つのキーワードとなるように作成していくと結果として訪問者に分かりやすく、上位表示されやすいページに仕上がります。
 
 

 

3、ページごとにタイトルをつける

 
 
各ページにそれぞれ一つのタイトルを決めるようにします。
 
例えば、サイト名を「お酒専門店」と付けていたとします。その場合に、すべてのページのタイトルを「お酒専門店」とするのではなく、各ページごとに個別のタイトルをつけるようにします。このページのタイトルは日本酒にする、このページのタイトルはワインにする、といった感じです。
   
前述したようにページのタイトルとして<TITLE>○○○○○</TITLE>の○○○部分に入る言葉は重要視されるので、ここにサイト名を入れておくのではなくページごとのキーワードをタイトルとして入れておくほうが効果的になります。
 
どうしてもサイト名を入れておきたい場合は「-」などで区切って「ページのキーワード-サイト名」としておくといいでしょう。
 
ex)  日本酒-お酒専門店
       ワイン-お酒専門店
       地酒-お酒専門店
 
STEP3<<
| about免責事項 | サイトマップ情報商材ノウハウ
Copyright (C) 2003 アフィリエイト工場. All Rights Reserved.