アフィリエイトサイトの作り方を分かりやすく紹介!
HOMESTEP4>アフィリエイトの位置付け
 

アフィリエイトの位置付け








アフィリエイトの3つの立場

 
 
アフィリエイトである皆さんは、自分が選んだ商品をHP上でお客さんに紹介していきますが、そのことは、少し見方をかえれば、アフィリエイトである皆さんは企業と消費者をつなぐ役割をすることにもなります。
 
 
図で表すと以下のような関係にあります。
 

 
 
そして、この企業と消費者をつなぐアフィリエイトの立場も以下の3通り存在することになります。
 
A:企業よりの立場
 
 
B:中立的立場    
 
 
C:消費者よりの立場
 
 
 

 

どの立場にたつと効果的?

 
アフィリエイトの立場はこの3つの立場に分けることができますが、皆さんが商品を紹介する際には、どの立場にたって紹介したほうが効果的なのかといったことも考える必要があります。
 

■Aの企業よりの立場

まずAの企業よりの立場ですが、これは単に商品をほめてばかりで、いかにも宣伝文句といった紹介文をならべただけのサイトがこの立場にあたります。
 

■Bの中立的立場

次に、Bの立場ですが、この立場は、企業と消費者の間に立って単に商品のメリットだけでなくデメリットもきっちりと紹介するというサイトがこの立場になります。
 

■Cの消費者よりの立場

そして、最後にCの立場ですが、これはBのメリット・デメリットの紹介に加えて、もし自分がその商品を買うのであれば、どうなのかという実際に消費者側の立場に立って、商品を紹介すると言う立場です。
 
収入を増やす上でどの立場がいいのかといえば、やはり、Cの立場にたって商品を紹介するのが一番売上につながりやすいと言えます。
 
消費者が求めているのは、単なる宣伝文句的な紹介文ではなく、本当のところその商品はどうなのかといったことです。
 
確かに、その商品のメリットやデメリットと言った情報も求めている情報ではあり、その情報も求めている情報ではありますが、それプラスその商品に関して知識を持っている人の生の声といったものが、ぜひ知りたいと思っている情報だと言えます。
 
もし、自分が商品を買う側なら、A・B・Cの立場のうち、どの立場から情報を提供してくれるとうれしいのか、それを考えて商品をどの立場の視点から紹介するかを決めることも、大切なことだと言えます。
 
STEP4<<
| about免責事項 | サイトマップ
Copyright (C) 2003 アフィリエイト工場. All Rights Reserved.