アクセス解析ツールの種類について!
HOMEアクセス解析>アクセス解析ツールの種類
 

アクセス解析ツールの種類








アクセス解析ツールの種類

 
 
アクセス解析ツールの種類は以下の3つに分けることができます。
  1. アクセスログタイプ
  2. スクリプトタイプ
  3. パケット取得タイプ
 
 
1、アクセスログタイプ・・・小・中規模サイト向け
 
アクセスログタイプはウェブサーバーに記憶されたアクセスログを元にアクセス解析を行うものになります。比較的簡単に利用できるものもあります。
 
ただし、アクセス増加によりアクセスログの数も増えるので、解析にかかる時間もそれに伴って増えると言ったデメリットもあります。
 
このアクセスログタイプは、更に以下の2つのタイプに分けることが可能です。
(@)自分のPCにインストールし、アクセスログファイル自体を読み込んで解析するタイプ
(A)サーバ上にCGIを設置し、そこで解析するタイプ
 
(@)のタイプは少し導入が大変で、料金も高く、企業向けのアクセス解析ツールといえます。
一方、(A)のタイプは、無料での利用も可能なツールもあり、こちらは、アフィリエイトサイトで利用するのに向いています
 
 

 
2、スクリプトタイプ・・・小・中規模サイト向け
 
このタイプは、CGIの導入が不要で、単にHTMLの中にタグを貼り付けるだけで解析することができます。
 
アクセス解析を行っている会社が提供するサービスで、指定されたタグをページに埋め込んでおくと、サービス会社のサーバにアクセスログのデータが蓄積される仕組みになっています。
 
したがって、ウェブサーバーの環境には関係なく、CGIが使えない動作環境であっても設置可能で、気軽に利用することができます。
 
ただ、設置自体は単にタグを埋め込むだけなので簡単にできますが、解析したいページそれぞれにタグを埋め込まないといけないので、ページ数が多いサイトになってくると少し大変にはなります。
 
 

 
3、パケット取得タイプ・・・大規模サイト向け
 
このタイプはかなり高度な解析もできますが、その費用もかなりの高額になっており、大規模なサイトを運営する企業向けのアクセス解析ツールになります。
 
複数台のWebサーバーへも対応、かなり詳細な解析、リアルタイムでのアクセス解析が可能という特徴があります。
 
また、スクリプトタイプの場合だとアクセス解析会社を通してその解析結果を知ることになるため、アクセス解析の結果が外部にもれる心配がありますが、このパケットタイプではその心配がなくなるので外部にそうした情報をもらしたくない企業にはおすすめです。
 
 

 
以上、アクセス解析ツールには大きく分けて、3つのタイプのものがありますが、個人でアフィリエイトを行うには以下の2つがおすすめです。
 
1のアクセスログの(A)のタイプ
2のスクリプトタイプ
 
 
1の(A)のタイプは「analog」などの解析ツールが有名です。レンタルサーバーによっては最初からこのようなツールをサービスとして提供してくれているところもあります。
 
例えば、このサイトではシーサイドネットというレンタルサーバーを利用していますが、そのシーサイドネットでは、サービスの1つとしてanalogといった解析ツールを提供してくれています。したがって、設置等の手続きをすることも無く、アクセス解析結果を見ることができます。
 
 
一方、2のスクリプトタイプは「忍者 TOOLS」などが有名です。
このタイプの解析ツールは、CGIの設置が禁止されているサーバーでも利用が可能で、設置自体も簡単なので、利用されている方も多いです。
 
「忍者 TOOLS」のように無料版でもかなりの機能が付いているものもあるので、これからアフィリエイトを始める方には、このタイプの解析ツールがおすすめと言えます。
 
アクセス解析<<
| about免責事項 | サイトマップ情報商材ノウハウ
Copyright (C) 2003 アフィリエイト工場. All Rights Reserved.