Google AdSense(アドセンス)の代替広告について紹介!
HOME収入を増やすには?>アドセンスの代替広告
 

アドセンスの代替広告








代替広告の設定

 
 
アドセンスでは、ページにマッチした広告が無い場合には、ボランティア広告が表示されることになります。しかし、このボランティア広告は、クリックされたとしても報酬が発生しないので、このボランティア広告が表示される場合には、代わりに、あらかじめこちらで指定したおいた広告が表示される用意に代替広告の設定をしておきましょう。
 
代替広告の設定方法としては、以下の2つがあります。
  1. 皆さん自身で代替広告のページを作成する方法
  2. 代替広告を提供しているサービスを利用する方法
 
 

 

1、皆さん自身で代替広告のページを作成する方法

 
まず、こちらは、皆さん自身で代わりに表示させたい広告ページを作成します。
 
当サイトで用いている代替広告を例にあげて説明すると、
まず、こちらような代替広告を作成し、ファイル名を「ad.html」として保存してあります。(代替広告のデザインや大きさ、ファイル名は、皆さんのサイトに合わせたものを作成します。)
 
このような代替広告の作成が終われば、次はアドセンスにログインし、代替広告URLの欄に、先ほど作成した代替広告のページの絶対パス (フルパス) を指定します。
 
当サイトの場合は、http://www.a-koujyou.com/ad.htmlを代替広告URLの欄に記入します。
 
後は、それに対応したアドセンスの広告ソースが表示されるので、それを貼り付けるだけでOKになります。
 
 

 

2、代替広告を提供しているサービスを利用する方法

 
こちらの方法は、以下のようなサービスを利用することで、自分で代替広告用のページを作成しなくても、代替広告を設置することができます。
 
Amagle AltADs
アマゾンのWebサービスを利用した代替広告。
アマゾンの商品を代替広告として設置できます。
 
AdChange(アドチェンジ)
自分の使っているアフィリエイト広告を代替広告として設置することが可能。
アフィリエイト広告は最大9個まで登録することができ、それらがランダムに表示されます。ただし、アドチェンジを提供している会社の広告も混ざって表示されるので注意しましょう。
 
 

 
以上、アドセンスの代替広告を設置する際には、この2通りの方法がありますが、2のように代替広告を提供しているサービスを利用すると、自分で代替広告のページを作成する必要はなくなりますが、その分、何らかの制約が生じてきます。
 
また、突然こうした代替広告のサービスの提供が停止された場合には、すべてのアドセンス広告を張り替えないといけないということになります。
 
したがって、代替広告を設置する際には、自分で代替広告のページを作成する方がおすすめだといえるでしょう。
 
以下にも、代替広告の設置方法を紹介しているサイトがあるので、そちらも参考になると思います。
http://jam.apricot.co.jp/affiliate/aws/adsense.html
 
収入を増やすには?<<
| about免責事項 | サイトマップ
Copyright (C) 2003 アフィリエイト工場. All Rights Reserved.