ECサイトとは何かについて紹介!
HOMEECサイト>ECサイトとは?
 

ECサイトとは?








ECサイトとは?

 
 
アフィリエイトプログラムには、HP運営者であるアフィリエイト、商品を宣伝してもらいたい広告主、その間を取り持つASPの三者が登場します。(アフィリエイトとは?のところで三者の関係を分かりやすく図解で説明していますのでそちらも参考にして下さい。)
 
そして、この三者のうちの商品を宣伝してもらいたい広告主のことをECサイトあるいはマーチャントなどと呼んでいます。ここでは、そのECサイト側から見たアフィリエイトプログラムについて紹介していきます。
 
 

 

広告主側から見たアフィリエイトプログラム

 
それでは早速、広告主側にとってのアフィリエイトプログラムについて見ていきたいと思いますが、そもそもアフィリエイトプログラムは広告主側にとってどのようなものなのでしょうか?
 
アフィリエイトプログラムは、商品を宣伝してもらってその商品が売れるなど一定の成果をあげた場合にのみ報酬を支払う仕組みになっています。
 
まず、広告主である皆さんは自社の商品を宣伝してくれるという人に宣伝をお願いします。そして、その人の宣伝により商品が売れた場合には、その人に対して一定の報酬を支払うことになります。
 
そして、その商品を宣伝してくれる人のことをアフィリエイトと呼んでいます。それで、そのアフィリエイトは、どのように皆さんの商品を宣伝するのかといえば、そのアフィリエイトが運営しているHPやメルマガの中で皆さんの商品を宣伝することになります。
 
しかし、広告主である皆さん自身がこのアフィリエイトを直接探したり、アフィリエイトに対する報酬の振込みなどをいちいち行うのはかなり大変になってきます。
 
そこで広告主である皆さんとアフィリエイトとの間を取り持ってくれるASPと呼ばれる仲介業者にそれら一連の作業を代行してもらいます。
 
そして、このASPが、皆さんに代わって必要な作業を行ってくれるかわりに、広告主である皆さんは、このASPにその見返りとして、一定の報酬を支払うということになります。
 
 
以上をまとめると、広告主側から見たアフィリエイトプログラムというのは、アフィリエイトと提携を結んで自社の商品を宣伝してもらい、成果を上げてくれた場合に、報酬を支払うと言うものになります。
 
そして、そのことを直接行うのは大変なのでASPという存在に間に入ってもらい、一連の作業を任せるということになります。
 
ECサイト<<
| about免責事項 | サイトマップ情報商材ノウハウ
Copyright (C) 2003 アフィリエイト工場. All Rights Reserved.